読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラスノエンドウ ~the pea~

川沿いの道を歩いていると、

カラスノエンドウの鞘がもう黒くなっていて、

太陽の日差しを浴びながらパチンパチンと鞘を弾く音に出会う。

誰も何も言わないのに、草木は太陽や月、風、空、空気と

仲良しで、時期が来たらちゃんと自分から次の種を撒く作業を

している。

I can hear a sound to flip the sheath of the pea when I walk the riverside way.
The trees and plants are the sun and a month, wind, the sky, air and good friends.
I do work to sprinkle the next seed by oneself if time comes.
 

 

 

 

 

 

宇宙 ~the space~

宇宙は約140億年前に誕生したらしい。

宇宙が誕生する前は、プラスとマイナスの小さな粒が存在していて、

相殺しあっていて「無」「ゼロ」になっていたようだ。

それが、奇蹟がおきて、「無」「ゼロ」にならない時があった。

これが宇宙の誕生。

「無」「ゼロ」はありとあらゆるものを創造する。

「無」から遠ざかれば遠ざかるほど、何も生み出さない。

生み出したと思ってるモノは、実は幻想なのかもしれない。

 

The space seemed to be born approximately 14 billion years ago.
A plus and a negative small grain existed before space was born and it offset it and seemed to become "nothing".
And a miracle happened, and space was born.
"Nothing" creates every thing.
I produce nothing so as to go away if it goes away from "nothing".
In fact, a thing thinking to have brought may be to be a fantasy.
 

良い ~it is all good~

何かを求めることも

何も求めないことも、どちらも良い。

今まで辛くて苦しい人生が多かったと

感じるなら、今から、穏やかな人生が

同じぐらいやってくる。

心が汚いとかキレイとか、

良いとか悪いとか、一体だれが決めたのだろう。

どちらも同じぐらいあって良い。

 

As for demanding something,
It is good to demand nothing both.
It was the life when it was hot and was hard so far.
I can spend the life calm now.
It was bad that it was good, or on earth who would decide beauty that a heart was mean.
There may be both equally.

綿帽子 ~snow-cap~

アスファルトの割れ目に、綿帽子が引っかかっている。

薄っすらと白く見えるので、かなりたくさんの綿帽子。

行き場を失っているようにも見える。

きっと、風に飛ばされようとしたんだけれど、

アスファルトが邪魔をしたのかもしれない。

それでも、きっとまた次も花を咲かせる。

綿帽子は、身をゆだね、行き場所を求めたりはしない。

 

An asphalt crack has snow-cap.
I look white slightly. It is considerably much snow-cap.
It seems to lose a place to go.
Surely asphalt would disturb though it was going to be spurted for wind.
Still the next surely has a heated it again, too.
The snow-cap entrusts the position and does not demand a going place.

 

心の声 ~voice of the heart~

子育ては、あっと言う間に過ぎるなんて、大きな勘違い。

一人の人を育てるのは、とてつもなく大変で、何年も

延々と続く。

少しづつ大きくなっていく中で、自分の時間も少しづつ

増えるけれど、おおらかな気持ちで構えていても、

子育ては大変なのだ。

子どもの心の声を聴く。

それが子育てには大切。

 

That the child care is over fast; big misunderstanding.
It is awfully hard to bring up one person and meanders for years.
It becomes slightly big and by some one's time increase, too.
 The child care is great even if I pose with a tolerant feeling.
I hear the voice of the heart of the child.
It is important for child care.

妹 ~younger sister~

いつの間にか、母より年上になった。

子どもの頃、弟か妹が欲しかった。

何十年もかかったけれど、私に妹が出来た。

話すことは出来ないけれど、今の私に妹は何て言うだろう。

 

I became older than mother all too soon.
In the days of a child, I wanted a younger brother or a younger sister.
It took dozens of years, too, but I had a younger sister.
I cannot talk with her, but the younger sister will say what to present me.

何もできない自分 ~oneself who can do nothing~

仕事が出来なくなった。何も出来なくなった。

人と上手く付き合えなくなった。

喋ることが怖くなった。

ぼーっとしてる時間が増えた。

起きれなくなって、寝ている時間が増えた。

それでも生きている。

I was not able to work. Nothing was made.
I was not able to go out with a person well.
It became scary to talk.
Absentminded time increased.
I could not get up, and the time when I slept increased.
Still I live.