読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸 ~the thread ~

ある日突然動けなくなる時がある。 心と身体が離れ離れになってしまう。 繋いでいた糸がプツンと切れてしまう。 その糸は見えないのに、心と身体をちゃんと 繋いでいたのだ。 切れた糸をそのままにしておくと、 もう繋げることは難しくなってしまうようだ。 …

逃げる ~escape~

時には、自分の心と身を護るために逃げたって良い。 逃げる時に、誰かに迷惑をかけるかもしれないけれど、それはそれで良いじゃないか。 迷惑かけてごめん。 そう思いながら、逃げたい時は逃げよう。 I escape to protect one's heart and body.I will troub…

失敗 ~the failure~

人は失敗を重ねて成長すると言われる。 失敗を何度も何度も繰り返した。 同じ失敗をしてる時もある。 人生において何が成功かなんてわからないけれど、 失敗を失敗に感じていない、認めていない。 何が失敗だったんだろうと振り返り、気づかなければ、 人は…

対等 ~Equality~

同じ立場というのか、対等というのか、 少し日本語は時に堅苦しい感じがする時がある。 老いた先人たちも、若い後人たちも、男性も 女性も、どんな人でも、同じ立場で色んなモノが 観れるようになるといいのにと良く思う。 人は、強い不安や怖れ、正義を感じ…

独り ~to be alone~

独りでいること。それはとても素晴らしい。 誰かがいることで、楽しさが何倍にもなったり、 仕事がはかどったり、何かを共有したり、分かち合ったりできる。 誰かがいなくても、楽しさは何十倍にもなる。 何か共有できるものを育む時間をたくさん持てる。 分…

親孝行 ~the filial devotion~

少し前までは、何かしら親孝行するのは 当たり前だろうと思っていた。 でも、今は感じ方が変わった。 あえて何もしないのも親孝行ではないかなと 思う。 距離をおいて、お互いの人生や生活に 全く干渉しないのも立派な孝行。 I thought that the filial devo…

ポジティブとネガティブ ~positive and negative~

ポジティブとネガティブ。 ポジティブって、嬉しい・幸せ・楽しい・元気・健康・・・ そんなイメージだろうか。 ネガティブは、悲しい・不幸せ・暗い・不健康・寂しい・・・ でも、みんなそれぞれ違う感じ方をする。 ネガティブだと感じることが、誰かとって…

心の救急箱 ~the first-aid kit for hearts~

どうやら「心」は、体と同じようだ。 病気もすれば、ケガもする。 病気をしたら病院へいくように、 どうやら心も手当や処置が必要なようだ。 心のケガは見えにくくて、何でもないように 放置してしまう。 放置したらした分だけ、ケガが治らず 長い時間過ごす…

母性 ~the matherhood~

「母性」って、子どもを産み育てる機能と調べたら出てくる。 でも、それって本当かな・・と思う。 子どもでなくても、何かを産みだし、育んでいくチカラ。 何も言わずただあるがままを見守るチカラ。 女性でなくても男性にだって母性はある。 A function tha…

母の日 ~mother's day~

もし今、あなたにお母さんがいなくても、 もし今、お母さんが大嫌いでも、 それで、どんなに寂しくても、許せなくても 今はそれで良い。 私たちのいるここは、「母なる地球」と呼ばれている。 今いるあなたにありがとう。 I do not have mother.I hate mothe…

証 ~the proof~

自分の生活の中で、当たり前になっているモノを 止めてみる。その当たり前だったモノが無くても 大丈夫だと気づく。 自分の人生の中で、当たり前に思っているコトを 捨ててみる。その当たり前だと思っていたコトが 当たり前じゃないかもしれないと気づく。 …

カラスノエンドウ ~the pea~

川沿いの道を歩いていると、 カラスノエンドウの鞘がもう黒くなっていて、 太陽の日差しを浴びながらパチンパチンと鞘を弾く音に出会う。 誰も何も言わないのに、草木は太陽や月、風、空、空気と 仲良しで、時期が来たらちゃんと自分から次の種を撒く作業を …

宇宙 ~the space~

宇宙は約140億年前に誕生したらしい。 宇宙が誕生する前は、プラスとマイナスの小さな粒が存在していて、 相殺しあっていて「無」「ゼロ」になっていたようだ。 それが、奇蹟がおきて、「無」「ゼロ」にならない時があった。 これが宇宙の誕生。 「無」「ゼ…

良い ~it is all good~

何かを求めることも 何も求めないことも、どちらも良い。 今まで辛くて苦しい人生が多かったと 感じるなら、今から、穏やかな人生が 同じぐらいやってくる。 心が汚いとかキレイとか、 良いとか悪いとか、一体だれが決めたのだろう。 どちらも同じぐらいあっ…

綿帽子 ~snow-cap~

アスファルトの割れ目に、綿帽子が引っかかっている。 薄っすらと白く見えるので、かなりたくさんの綿帽子。 行き場を失っているようにも見える。 きっと、風に飛ばされようとしたんだけれど、 アスファルトが邪魔をしたのかもしれない。 それでも、きっとま…

心の声 ~voice of the heart~

子育ては、あっと言う間に過ぎるなんて、大きな勘違い。 一人の人を育てるのは、とてつもなく大変で、何年も 延々と続く。 少しづつ大きくなっていく中で、自分の時間も少しづつ 増えるけれど、おおらかな気持ちで構えていても、 子育ては大変なのだ。 子ど…

妹 ~younger sister~

いつの間にか、母より年上になった。 子どもの頃、弟か妹が欲しかった。 何十年もかかったけれど、私に妹が出来た。 話すことは出来ないけれど、今の私に妹は何て言うだろう。 I became older than mother all too soon.In the days of a child, I wanted a …

何もできない自分 ~oneself who can do nothing~

仕事が出来なくなった。何も出来なくなった。 人と上手く付き合えなくなった。 喋ることが怖くなった。 ぼーっとしてる時間が増えた。 起きれなくなって、寝ている時間が増えた。 それでも生きている。 I was not able to work. Nothing was made.I was not …

直感 ~intuition~

衝動と直感は違う。 どうやら勘違いを長い間していたようだ。 衝動は、心の中がどんな状態でも起きる。 直感は、心の中が何もなくなってきたら 起こるみたい。 直感は、直ぐに行動することじゃない。 真っ直ぐに感じたモノを、ただ信じたり 行動したりするこ…

出逢い ~encounter~

出逢いはミラクル。 通り過ぎるだけの人、 一時だけ係る人。 ずっと係る人。 誰がこの人と出逢うって決めたんだろう。 The encounter is miracle.The person who only passes,A person to be concerned with only at one time.A person to be concerned with…

昔 ~old days~

昔、職場の役職がついた方に言われたことがある。 「職場の長を尊敬しなさい」と。 どうにも理解できなかった私は、 「誰を尊敬するかは私が決めます」と。 役職は続けて言った。 「君の言ってることは分からない。理解できない」と。 まだまだ右にならえの…

変わらないものなど何もない ~there are no things which do not change~

古い眼鏡をかけたままにしていませんか? 自分の価値観はとても大切だけれど、 そこに固執しては前に進めなくなることもある。 常に眼鏡をリニューアルし、それでも捨てない方が 良いモノは大事にする。 捨てるモノは捨てる。新しいモノを取り入れてみる。 …

宝物 ~treasure~

沢山の経験は宝物になる。 その時、苦しいと思えたり、辛いと感じた 経験程、宝ものになるのかもしれない。 何かに甘えるのは楽で簡単。 「苦労は買ってでもしろ」と昔は言ったが、 そうは思わない。買わなくて良い。 買わなくても、人それぞれに辛いことは…

ただ待つ ~only wait~

ただ待つことが大切な時もある。 何日も、何か月も、もしかしたら何年も。 信じることの為に待つことが必要だったりする。 待つことを選択する勇気。 そこにも勇気がいる。 ただ待つ。待った先あるモノの為に。 It is only sometimes important to wait.How …

本 ~books~

巷には色々な本がある。 midorikoさんも意外と本好きで、 昔は、何百冊が当たり前のように 家に並んでいた。 色んなジャンルがあるけれど、 架空の物語は本よりも 映像で観る方が心に残ったりする。 人間の欲求を満たす本もあり、 満たしたいという人にはも…

愛するということ ~love~

誰かを愛するということは、 自分を信じることだと思う。 相手を信じて疑わず・・・・・ではなく、 自分が貴方を愛してる、その自分自身を 信じること。 なぜ、貴方を愛するのか、そこには 理由はない。 もし理由があるのだとしたら、 それは、貴方だから。 …

幸せ ~to be happy~

外側の環境や条件で「幸せ」と思っているモノも 確かに手に入る。 例えば わかりやすいモノだと お金や高額なモノ 外見の煌びやかさ、どこかに行く(旅行)ことも。 でもそれは実に儚く、あっさりと無くなってしまう ぐらい脆いモノでもある。 今ここにいる…

自分が変わる ~oneself changes~

自分自身を信じること 信頼すること出来ますか? 長い間、私はそれが出来ていなかった。 そしてそんな自分に気づいた時、 外側で信じていたものが全て幻想だったと いう事にも気づかされた。 今からでも自分を信頼することが出来る。 自分が変わる。 そして…

究極の選択 ~ultimate choice~

究極の選択を迫られた時、 人は何を選ぶのだろう。 例えば、自分は必ず助かるという前提で、 目の前に困ってる人が複数名いたとしたら、 それも自分にとっては大切な人ばかり。 貴方なら誰を一番に助けますか? When ultimate choice was pressed for, the p…

自分木 ~the oneselfe tree~

「自分力」ってとても大切。 「個」を尊重したうえで、「自分」という木を 育てる。風が吹いても、嵐が来ても、決して倒れないように 根っこを太くする。葉っぱが落ちても、枝が少し折れても 全然大丈夫な「自分木」。 仲間はとても素晴らしい。時に応援して…

ありのまま その2 ~arinomama 2~

4月半ばぐらいにも、「ありのまま」というタイトルで 言葉を繋いだ。 ありのままの存在を、どんな価値観も持たずに 受け止めることは、とっても大切なこと。 あらゆる価値観を受け止めながら、自分の スタイルの軸を太くする。 何かに流され続ける価値観も、…

ジャッジ ~judge~

昔、批判するのを止めなさい と言われた。 それ以降、気を付けて個人的な批判を しないようにして来た。でも、 自分に対しての批判は残っていた。 それも、積り積もっているようだ。 良い・悪いでジャッジしてしまっている。 ポジティブもネガティブも、どち…

自由人 ~free spirit~

自由気ままに旅をする。 行きたいと思ったところに行き、 やりたいと思ったことをする。 そんなことを思うだけで、ちょっと ワクワクしてくる。 色んな言葉やキーワードも溢れかえっていて、 それでも、そんな中からピン!とアンテナが 立つ。それを直感とい…

鶏は、その卵がヒナになるか、目玉焼きになるか 知らない。 映画の台詞。 親は、子どもの人生を決められない。 決めてはいけない。 親は、子どもの幸せを願うことしか 出来ない。

花 ~flower~

種を撒く。 どんな花が咲くだろう。 人生も同じで、その時、その時 種を撒いてきた。 どんな花を観たのだろう。 花は咲いたのだろうか。 花を観るのが怖い時もある。 それでいいではないか。 I sprinkle a seed.What kind of flower will bloom.The life was…

仕事 ~work~

仕事って一体なんだろう。 何の為に仕事をしているのでしょう。 好きなことが仕事になったら、それが 良いと思う。 楽しんで生きましょう。 What is work? What do you work for? If a fovorite thing works, I think that it is good. I enjoy it,and let's…

変わる ~change~

過去に置いて来たモノがもしあったら、 それを見つめてみるのも良いかもしれない。 過去が変われば、今も未来も変わる。 そんな大事なことに今気づいた。 If there is the thing which I put in the past, it may be good to stare at it.If a past changes,…

一緒に ~together~

我が家の炊飯器は、1990年製。 27年ずっと一緒。 玄米も炊ける。 内蓋のゴムのところが少し 弱っているけれど、ほぼ毎日 ご飯を炊いてくれる。 圧力鍋は、頻繁に使うものではないけれど、 こちらも25年ほど一緒にいる。 いつまで一緒にいられるだろうか。 Th…

こだま ~echo~

AmericaのTVドラマの主人公の言葉に ハッと頷く時がある。 「合法と違法はあるが、善と悪はない」と。 たくさんの人が住む世の中で、国ごとや地域ごとに ルールが作られたりしている。 それがおのずと個人の価値観のようになってしまって いるけれど、それは…

コトの葉

人それぞれ感じ方が違う。 人の数だけの感性がそこにある。 言葉では伝えられないモノがある。 言葉にしてしまうと、私ではない誰かの フィルターを通して、感じられてしまう。 投げた言葉と、受けられた言葉の感性は 違うモノに変化する。 言(コト)の葉。

ありのまま

ありのままでいること。 それはとても尊い。 大きくなるにつれて、 いろんなものを吸い込み、 社会的な価値観に自分を置いてしまう。 そして、それが本当の自分だと信じてしまう。 どの自分も今のありのまま。 でももし窮屈を感じたら、 何か違うなと感じた…

学び

ふと何気に思ったことがある。 もし、日本の教育が今より自由だったら・・・・。 科目を勉強するのではなく、自分と向き合う学びだったら・・・。 フリースクールとも呼ばれ、徐々に何となく認知度もあがって来て いるけれど、シュタイナー・モンテッソーリ…

独り

独りでの外食やお茶はできますか。 私は、いつの頃かまでは苦手だったのですが、 いつの頃からかは全然気にならなくなりました。 独りでお茶の方が心地よかったりする時もあります。 産まれてくるとき、 あんな暗い産道を独りで出て来ようとして、 そして出…

変化

入学式だったのか、真新しい制服に身を包んだ子どもたちを たくさん見かけた。 胸には花飾り。 人も社会もこの地球も毎日変化し続けている。 約45億年前に地球が誕生したらしい。 45億年、ずっとずっと変化し続けているのだ。 西暦2000年と少しは何なんでし…

象徴

小さい時、将来何になりたいですか?と聞かれたことが 大方の人はあると思います。 私も、その時に「〇〇屋さん」と言った記憶が鮮明にあります。 女子が憧れる、CAさんやケーキ屋さん、お花屋さん、先生、お医者さん・・・ とかでは全然違います。 何故それ…

心の奥

心の奥に大事にしまっているものは何ですか。 それが、自分の人生で一番大切なモノやコト なのかもしれません。 大人になれば、色んなことがあって、 大事なモノに蓋をしてしまう。 大事なモノを追いかけたら、子どもっぽいと 言われることもあったりして・…

ある

自宅界隈を歩くのが日課になっている。 目にするものは、同じ道を通っていると、 なに一つ変わらないように見える。 だけど、時間が流れ、季節がある日本で、 今、ソメイヨシノがほぼ満開を迎えようとしている。 いつもの道がいつもの道でなくなると気づく。…

導かれるままに

魂が導く方向へ。 心が求める方向へ。 しなければならないコトなど何一つない。 良い・悪いもない。 それは誰かが価値判断をしたにすぎない。 魂が求めるものは、誰かにゆだねるものでもない。 この私が決めるのだ。 「自分の幸せは自分で決めます」と ある…

すべて

私は何を信じるのか。 私は何を観たいのか。 私は何を聞きたいのか。 私は何に触れたいのか。 私は何を創りたいのか。 私は今何を感じているのか。 全ての答えは、私の中にある。

やり直し

自分自身の気持ちを素直に伝えられる人は 本当に凄いと思う。 人に嘘をついても、自分の心には嘘をつかないで 来たつもり。 自分を大切に大切に育てることって、 どこで教えてもらうのだろう。 自分のことをまず一番に大切に出来る人が、 他者も大切に出来る…